バックナンバー

葬儀の基本情報

葬儀の服装に関するマナー

葬儀で失礼にならない服装マナー

  • トップ /
  • 葬儀で失礼にならない服装マナー

知っておきたい葬儀のマナー

葬儀は突然のことですから準備が不足してしまうことは仕方のないことです。急なことでもできるだけ失礼にならないようにマナーについては気をつけたいものです。特に服装は自分だけでなく周囲の人にも迷惑をかけてしまう可能性もあるので、最低限のことは知っておくとよいでしょう。まず葬儀に参列する時の服装で大切なことは、派手な色合いのものは着用しないということです。これは男女ともに言えるのですが、基本的には礼服など黒色のスーツやワンピースをきるようにします。またつい忘れてしまいがちなのが、時計やアクセサリーといったものです。金やシルバーなどのネックレスやピアス、時計などは葬儀では外しておくことがマナーになります。特に時計は普段から使っているものなので外すのを忘れてしまいがちですが、筋の時計や宝石が使われている華やかなものは葬儀場に入る前に外しておくのがマナーです。冬の服装では、ファーなどの動物を連想させるものも使わないようにします。動物の毛皮などは死などを連想させてしまうので避けたほうが無難です。子供を連れていく場合ですが、子供の葬儀での服装のマナーとしては、学校の制服があるのであればそれで参列しても失礼にはなりません。

↑PAGE TOP