バックナンバー

葬儀の基本情報

葬儀の受付で注意すること

葬儀の受付を行う時のマナー

  • トップ /
  • 葬儀の受付を行う時のマナー

葬儀の受付が気をつけるマナー

葬儀を行う際、重要な立場の一つに「受付係」が挙げられます。受付係は参列者が最初に通るところなので、ある程度マナーを守って行動する必要があります。まず式が始まる前に、葬儀の会場のレイアウト、トイレの位置、全体の流れを把握しておきます。そうすることで、参列者に尋ねられた時にもすぐに答えることができます。芳名帳・香典受け・名刺受けなどの備品を準備するとともに、筆記用具はしっかり色が出るか事前に確認します。香典返しはすぐとれるところに配置し、すべての準備を30分前までに終わらせます。葬儀の参列者が到着したら、参列者がお悔やみの言葉を述べた後に、遺族に代わってお礼の言葉を述べます。その時例えば雨の場合は「足元が悪い中、お越しくださってありがとうございます。」などと、相手を気遣う言葉を述べるのがマナーです。参列者に芳名帳に書いてもらう際には、氏名・住所・会社名を書くよう促します。なお、芳名帳には事前に番号を振っておき、香典を受け取ったらその番号を香典袋に記入します。こうすることで、だれからもらったかを分かりやすくします。そして、香典を参列者から受け取るときは必ず両手で受け取り、一礼を忘れないようにしましょう。葬儀の受付は、葬儀の場において最初に参列者を迎える立場です。マナーをしっかりと守り、失礼のないように接することが重要となります。

↑PAGE TOP