バックナンバー

葬儀の基本情報

家族葬の特徴とは

葬儀での挨拶ではマナーを守る

  • トップ /
  • 人気が高まる家族葬とは

近年注目を浴びている葬儀

葬儀の形態は様々ですが、近年人気が高まっているのが家族葬です。これは家族のみで行う小さなお葬式です。遺族が故人とのお別れをゆっくり過ごせる時間が取れることで心の整理がつきやすく、心のこもったお別れをすることができることが特徴です。義理が存在せず、遺族の気持ちを表した形で行えることで自由度が高く、費用面での負担も少なくて済むということで現代の風潮にマッチしたお葬式の形と言えます。ニーズの高まりに合わせて、各葬儀会社は家族葬のプランを展開しています。

小規模な葬儀が増えています

人が生きていると様々な買い物をしますが、その中でも葬儀は価格が高い部類に入ります。また、物品やサービスをほとんど買わないものでも、購入する必要があるものです。最近は家族や親類だけを集めるなど、非常に小規模なものも出てきています。しかし、かつては村や自治体の人が集まり、食事やお酒を用意するなどして、非常に大規模に行われていました。高齢化社会により、地方部で葬儀の準備や進行のための人出を集めることが難しくなったことが、小規模化の原因かもしれません。

↑PAGE TOP