バックナンバー

葬儀の基本情報

新着情報

葬儀の挨拶のマナーとは

葬儀での挨拶ではマナーを守る

  • トップ

葬儀では忌み言葉の使用を避ける

葬儀は、冠婚葬祭の中でも最もマナーが多様化しています。宗派により焼香の仕方から香典の不祝儀袋の書き方まで様々で、喪主側も弔問側も戸惑うことがありますが、故人を弔う儀式のため最低限のマナーは抑えておくべきです。通夜や葬儀の挨拶では、忌み言葉と言って不吉な意味を連想させる言葉を使用してはいけないマナーがあります。重ね重ね、再び、などの繰り返しの言葉は、不幸が繰り返されることに繋がるため、これらの忌み言葉を使用せずに会話するようにしなければなりません。弔問客として通夜や葬式に訪れた場合は、例え葬儀が間近と噂をされていた故人であっても、突然のことで驚きました、知らせを聞いて驚きました、などの突然のことで予期していなかった、という内容の言葉を付けて挨拶します。弔問客が多い場合は、挨拶を短く終えて次の弔問客に譲るマナーも必要です。喪主側は、忙しいところをありがとうございます、など弔問客が突然の通夜や葬儀に時間を割いて来てくれたことに、感謝する内容で挨拶をします。通夜の最期の方では喪主側が弔問客への感謝の言葉を述べますが、その言葉の中に葬儀の日程や故人への支援などへのお礼も含めて挨拶するのが喪主側のマナーです。

↑PAGE TOP